アフィリエイト

Twitterアフィリエイトで『相互フォローアカウント』を作る際のメリットとデメリットを解説

ゆきまる
ゆきまる
どうも、ゆきまるです!

先日、LINEで相互フォローアカウントについてのご質問をいただきました。

そこで、この記事では、相互フォロー垢のメリットとデメリットについて解説していきます。

相互フォロー垢は、フォロワーが簡単に増やせるということから、Twitterアフィリエイターのみならず、一般ユーザーも一度は作ろうと考えるアカウントだと思います。

しかし、相互フォローアカウントには、メリットだけではなく、大きなデメリットが存在するので、これから相互フォロー垢を作成しようか迷っている方は、ぜひ最後までご覧頂けたらと思います。

相互フォローアカウントとは?

ここでいう相互フォローアカウントとは、画像のようなツイートでフォロワーを集めている垢の事を指します。

Twitter上では、とにかくフォロワーを増やしたいといった人が多くおり、Twitterアフィリエイターのみならず、多くの一般ユーザーもこの相互フォロー垢を作成してこのようなつぶやきをしています。

相互フォロー垢のメリット

アカウントの耐久値を上げやすい

Twitterでは、フォロワー数が多い垢はアカウントの耐久値が上がります。

相互フォロー垢は作成してすぐからでもフォロワーを集めやすいので、耐久値を上げやすいです。

見栄えがいい

フォロワー数が多ければ、見栄えが良く、権威性が上がります。

アフィリエイトする上では、権威性も大切な要素一つになってきます。

モチベーションが上がる

相互フォロー垢はフォロワーを増やしていくことが簡単なので、Twitterアフィリエイト初心者の方は、モチベーションを保ちやすいです。

相互フォロー垢のデメリット

アクティブフォロワーを集められない

相互フォロー垢で集められるフォロワーは、業者が多く、収益に直結する見込み客にならない。

育成する手間がかかる

どんな垢も育成するのには、手間がかかりますが、相互フォロー垢に関しては、手間に対する有用性が少ないです。

そのため、他のアカウントジャンルを作成した方が良いです。

フォロワー数に対してツイートへの反応が極端に少ない

アクティブフォロワーが少ないので、ツイートに対する反応が少なくなってしまいます。

そのため、違和感があるアカウントに見えます。

相互フォロー垢の良い部分だけを使う

相互フォロー垢のメリットとデメリットを考えると、作成する意味はあまりないと考えます。

しかし、相互フォロー垢には少なからずメリットも存在するので、そのメリットのみを一般アカウントの運用に取り入れていくことがおすすめです。

アカウント名にフォロバ100%や相互フォローを使う

自分のアカウントジャンルと同じ属性のアカウントからのフォローやフォローバック率が上がります。

相互フォロー垢特有のハッシュタグを使う

相互垢特有のハッシュタグとは、

#リツイートした人全員フォロー

#いいねした人全員フォロー

などです。

このようなハッシュタグを使うことによってツイートへの反応率が格段に上がります。

以上のような相互フォロー垢のいい部分のみを一般アカウントに取り組むことによって、より効率的にTwitter垢を育てていけるようになります。

Twitterアフィリエイトでフォロワーが増えやすいアカウントジャンルを徹底解説 この記事では、Twitterアフィリエイト歴5年以上になる僕が、今まで作成してきたアカウントジャンル8つについて解説していこうと...

まとめ

相互フォロー垢でフォロワーを増やしていくことが簡単です。

しかし、見せかけのフォロワーを増やしても、あまり意味がありません。

本来、フォロワーを増やす目的は

『商品を売りたい』

『ファンを作りたい』

『ツイートの反応率を上げたい』

『有名になりたい』

など。

理由は人それぞれですが、これらには共通して、アクティブなフォロワーを獲得しなければならないということです。

フォロワー数、いわゆる数字だけ増やしても何の意味もありません。

Twitter運用をしていると、フォロワーを増やすことに必死になってしまって、本来の目的を見失いがちです。

今一度、自分の目的を明確化して、Twitterを有効活用していきましょう。

以上ゆきまるでした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ABOUT ME
ゆきまる
Twitterアフィリエイト歴5年。毎日の作業時間30分以内で、最高月収47万円を達成。現在は、専業アフィリエイターの傍ら、Twitterアフィリエイトの魅力を伝えるために、情報発信者として活動中。