アフィリエイト

【半不労所得】Twitterアフィリエイトで稼ぐための『凍結しない』自動ツール運用について

ゆきまる
ゆきまる
どうも、ゆきまるです!

この記事では、Twitterアフィリエイトの自動ツール運用について解説していこうと思います。

Twitterアフィリエイトでは、自動ツール運用を導入することによって、半不労所得を確立することができるようになります。

自分の時間を作って稼ぐ『労働』といった概念から抜け出すためにも、ぜひ自動ツール運用を検討している方は、最後までご覧ください。

幸福とは、お金だけではなく、時間にも余裕がある人生です。

自動ツール運用で一番大切なこと

初めに、自動ツール運用では、手動運用に比べて、アカウントが規制されるリスクが大きいため稼ぎ続けるには、ある程度の経験と知識が必要になってきます。

そのため、現在、自動ツールを使って、稼ぎ続けているアフィリエイター達は、今まで何度も大量凍結を経験して乗り越えてきたということです。

僕も例外ではなく、今まで、

アカウント凍結→原因を追究→運用方法の改善を繰り返して、スキル、知識を身に着けてきました。

自動ツール運用は、ツールの使い方よりも、凍結しないようにアカウントを運用するのが一番難しいということです。

大量凍結は、今まで作ってきたアカウントが水の泡になってしまいます。

費やしてきた時間と労力を無駄にしないためにも、凍結しないアカウント運用にこだわって下さい。

どんな自動ツールを使えばいいのか?

Twitterの自動ツールでは、無料の物から有料のものまでピンキリです。

そのため、使用する自動ツールは厳選する必要があります。

僕の考えとしては、アカウント凍結へのリスクヘッジがある程度できている、有料のツールを使うことをおすすめします。

無料のツールは運用制限が緩く『凍結』に対してのリスクヘッジが出来ていない可能性が高いからです。

そのようなツールを使って、機能の乱用をしてしまうと必ず凍結に繋がってしまいます。

そのため、コストはかかりますが、有料のツールを検討しましょう。

自動ツールの設定基準について

自動ツールでは自動フォローやツイート、リツイートなどの様々な機能があります。

しかし、そういった便利な機能があるからといって、全てを頭ごなしに使用してしまうと現在は凍結してしまいます。

規制される動作は年々厳しくなっているので、使い方が重要になってきています。

例えば、昔は自動フォローは1日50人まで安全に出来ていましたが、現在は20フォロー程度が安全圏です。

アカウントの耐久値(アカウントの作成日や、フォロワー数)などにもよっても違います。

そういった基準値は、自分の肌間隔で身に着けていく必要があります。

近年では、一般ユーザーでもスパム判定されて凍結されているので、自動ツールを使う場合は、より注意が必要になってきています。

そのため、自動ツールの設定基準値は、最低限、一般ユーザーがしないような動きをするのは避けて設定していく必要があります。

まとめ

Twitterアフィリエイトで自動ツール運用をする際は、最低限、一般ユーザーがしない動きをしていく必要があります。

また、ツールに依存稼いでいくよりも、手動アカウントを育成するための、一つの手段として使っていくのも手です。

そういったリスクヘッジをしつつ、自動ツールを使っていくことで、安定して稼いでいく事ができるでしょう。

そして、自動ツールを使っていくと忘れてしまいがちですが、より大きく稼いでいくためには、アカウント数よりもアカウントの質だということです。

便利な機能があるからといって、小手先のテクニックでアカウントを育てるよりも、アカウントの質を上げて、フォロワーを増やしていくことを忘れないで下さい。

アカウントの質にこだわれば、凍結に悩むことはより少なくなります。

また、本来、ビジネスとは価値提供です。

上質なアカウントを作って、ユーザーに楽しんでもらうことを意識しましょう。

その対価としてアフィリエイト報酬が発生します。

自動ツール運用では、他にもプロキシサーバーやグーグルボイス(海外の電話番号)などが必要になってきます。

おすすめのツールなど、より詳しく知りたい方は、LINE追加特典のTwtterアフィリエイトマニュアルをお受け取り下さい。

以上、ゆきまるでした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ABOUT ME
ゆきまる
Twitterアフィリエイト歴5年。毎日の作業時間30分以内で、最高月収47万円を達成。現在は、専業アフィリエイターの傍ら、Twitterアフィリエイトの魅力を伝えるために、情報発信者として活動中。